業務中の怪我、過労による疾患の損害賠償・労災保険は弁護士にご相談ください。
労災・過労死による人身傷害を負った被害者・家族の正当な補償を。
労働問題に特化して20年の弁護士 佐久間大輔

お一人で悩まずに、弁護士にご相談ください。~代表メッセージ~

話を聴く
ゆとりを持つ

 弁護士登録してから20年以上、労災、過労死の問題に一貫して取り組んできました。
 過労死事件は、とても難しい分野といえます。しかし、労働時間の客観的な資料がなくても諦めず、被災者の労働実態を知る同僚の供述を得て労働時間を推計したり、新聞記者の例では被災者が執筆した記事の行数を一行ずつ数えて他の記者よりも多いことを明らかにしました。また、被災者の自宅を訪問し、数箱ある段ボール箱から仕事の資料を探し出し、業務の困難性や精神的ストレスを解明しました。
 このように粘り強く調査をしたり、資料を丹念に読み込んだりすることはもちろん、証拠を探し出す、作り出すことで労災認定や勝訴判決を得てきました。弁護士登録以来、過労死事件に一貫して取り組むことで、弁護士としての基本的かつ重要な能力を身につけることができたと自負しております。
 法律問題が発生したときは、なるべく早い段階で弁護士に相談することが大切です。弁護士は、裁判手続や弁護士法を活用して証拠の保全をすることができます。相手方に法的な請求をする際には、まず示談の交渉から始めることができますし、最終的に強制執行まですることもできます。
 皆様の心情を理解しつつ、専門知識を供与し、対処方針を示します。

>>ご家族が労災・過労死の被害に遭われた方へ

つまこい法律事務所の解決実績

  • 労災 はさまれ・巻き込まれ事故
  • 労災 墜落・転落事故
  • 過労死 損害賠償
  • 過労死 墜落・転落事故
その他の事例はコチラをご覧ください

つまこい法律事務所が選ばれる理由

  • 理由01 労災事故・過労死問題に特化した弁護士
  • 理由02 労働問題の講演・執筆実績多数
  • 理由03 経験20年以上の弁護士が1件1件丁寧に対応