自動車事故

交通事故(自動車事故)による人身傷害の損害賠償 

photo (7)0001自動車の交通事故による死傷者は多数に上ります。自動車乗車中の事故だけでなく、歩行中に自動車と衝突した事故件数も多くなっています。特に高齢者が歩行しているときの事故割合は高く、死亡に至る率も高くなっています。

 また、バイクと自動車との交通事故も多発しており、同じ二輪車である自転車よりも死亡者数が多い傾向にあります(警察庁調べ)。

 一般に交通事故による人身傷害の損害賠償においては、その過失割合や損害の算定に関する評価が難しいといえます。

 特に過失割合について、自動車と歩行者との事故を例に説明すると、信号の有無、衝突したのが横断歩道の手前か通過後か、歩行していた場所などによって、歩行者の過失割合が変わってきます。歩行者の信号が青であれば歩行者の過失割合は0ですが、歩行者が赤信号で横断をしていたのであれば歩行者の過失割合は70%となります。
 このように交通事故に遭った状況によって損害賠償を受ける割合が変わるため、事故発生時の状況を的確に証明する必要があり、過失割合をめぐる交渉は難しいといえます。

 そのため、個人間での話し合いでは折り合いが付かずに感情がもつれて補償問題が長期化することがあります。特に交通事故の被害者の場合は、怪我を伴うことが多く、交渉が困難になる場合が多いでしょう。

 ご自身が交通事故(自動車事故)の被害に遭われたにもかかわらず、適正な損害賠償金を受け取れていなかったり、請求できるのに泣き寝入りせざるを得なかったりするケースが多く見られます。

 第三者の弁護士が交渉に入ることで、被害者側に不利な条件で示談を成立させずに話し合いを進められますので、適正な補償の範囲でトラブルを解決することができます。また示談で解決せず、訴訟に至る場合でも、弁護士が入っていれば引き続き対応できます。

121003_SD0100001 また、交通事故で怪我をして仕事を休んだことから、収入がなくなり、生活費や治療費が賄えないという場合は、弁護士が代理人となって、自賠責保険の被害者請求や仮渡金請求や、裁判所への仮払い仮処分の申立てをすることもできます。

 弁護士佐久間大輔は、20年以上の弁護士経験で得た知識とノウハウを活かし、交通事故の人身傷害に関する損害賠償請求事件について、トラブル解決までの道筋を明確にし、最適な対処方針をお示しします。それだけでなく、自賠責保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険など、いくつもの保険や法律がからむ問題も、より良い解決へと導きます。

 交通事故の人身傷害に関する損害賠償請求に関する問題でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

[解決実績]

 交通事故の損害賠償請求事件に関する解決実績は「交通事故の解決実績」をご覧ください。

[弁護士費用]

 交通事故の損害賠償請求事件については、着手金の一部をお支払いいただくことで受任します。

 交通事故の損害賠償請求事件に関する弁護士費用については、労災事故の損害賠償請求事件と同様に算定しますので、「労災事故損害賠償の弁護士費用」をご参照ください。

 まず15分、無料で電話相談を承ります。初回の面談につきましては、60分までの相談料を5,000円(消費税含む)といたします。詳しくは「法律相談をするには」をご覧ください。

弁護士による労災事故・過労死の損害賠償のご相談 事故の人身傷害による後遺障害・慰謝料の請求は、つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30 (当日相談可能) JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約