学校事故の解決実績

 弁護士佐久間大輔が、学校事故の人身傷害に関する損害賠償請求事件を担当した一例を紹介します。

  • 高校の剣道部練習中に倒れ、教諭の処置後、低酸素脳症と高次脳機能障害を負った事案(横浜地裁2013年和解) >>依頼者の声
  • 小学生が習字作品を掲示するため教室のロッカーから転落し、脳挫傷等を負った事案
  • 高校生が体育授業中にプールのスタート台から飛びこみ、頸髄損傷で死亡した事案(東京地裁八王子支部平成15年7月30日判決・判例時報1834号44頁) >>解決のポイント >>依頼者の声
  • 中学の自習時間中に同級生から首にワイヤーを巻かれ、高次脳機能障害を負った事案(さいたま地裁川越支部2004年和解)
  • 高校の野球部練習中にバーベルを担いだまま倒れ込み、胸椎圧迫骨折等を負った事案(東京地裁2008年和解) >>解決のポイント
  • サッカー大会の試合中に雷が落ち、高度障害を負った事案(最高裁平成18年3月13日判決・判例時報1929号41頁

 

[弁護士費用]

 詳しくは「法律相談・弁護士費用」をご参照ください。

 弁護士との面談を検討されている場合、まず15分程度、無料で電話相談を承ります。初回の面談につきましては、60分までの相談料を5,000円(消費税含む)といたします。詳しくは「法律相談をするには」をご覧ください。

その他の解決事例

弁護士による労災事故・過労死の損害賠償のご相談 事故の人身傷害による後遺障害・慰謝料の請求は、つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30 (当日相談可能) JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約