経済的利益額の基準

 着手金は事件等の対象の経済的利益の額を、報酬金は委任事務処理により確保した経済的利益の額をそれぞれ基準として算定します。

 経済的利益の額は、次のとおり算定します。

1. 損害賠償請求事件であれば、債権総額(遅延損害金を含む)が経済的利益額となります。

 労働災害(労災)・過労死や交通事故の死亡事案では、逸失利益、慰謝料、葬儀費用が主な損害となり、この合計金額が債権総額となります。例えば、逸失利益が4850万円、慰謝料が3000万円、葬儀費用が150万円とした場合、合計8000万円が経済的利益額となります。

2. 解雇事件では、給与の一定月数分と賞与の合計額を経済的利益の額とすることがあります。

 訴訟事案では、1年分の給与と賞与の合計額を経済的利益額とすると、例えば、給与が月40万円、賞与が年2回で各60万円であるとした場合、合計600万円が経済的利益額となります。労働審判事案では、6か月分を経済的利益額とすると、300万円となります。

3. 労災保険給付が一時金である場合は、その支給額が債権総額となり、これが経済的利益額となります。

 例えば、遺族補償一時金では、給付基礎日額を1万円とすると、労災保険給付額が給付基礎日額の1000日分、遺族特別一時金が300万円であるので、合計1300万円が経済的利益額となります。

4. 労災保険給付が年金である場合は、過去分の給付は債権総額、また、将来分の給付は継続的給付債権で期間が不定なので、将来7年分の給付総額となり、過去分と将来分の合算額が経済的利益の額となります。

 例えば、遺族補償年金では、給付基礎日額を1万円とし、妻1人と子1人が遺族であるとすると、労災保険給付の年額が給付基礎日額の193日分、遺族特別一時金が300万円となります。年金は死亡時から支給されるので、労災認定までに死亡時から2年を要したとすると、過去分の経済的利益額は2年分の386万円に300万円を加えた686万円となります。将来分の経済的利益額は、遺族数が2人で変更ないとすると、7年分の1351万円となり、過去分を加えた2037万円が経済的利益の総額となります。

法律相談・弁護士費用のページ一覧

弁護士による労災事故・過労死の損害賠償のご相談 事故の人身傷害による後遺障害・慰謝料の請求は、つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30 (当日相談可能) JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約