労災保険

労災事故や過労死による人身傷害と労災保険

photo (6)0001 労働者が事故または過労により死亡した場合は、遺族は厚生年金や国民年金以外に、労災保険を受けることができます。

 過労死は、一般に脳血管疾患および虚血性心疾患の発症による死亡または高度障害をいいますが、厚生労働省は、労災認定の対象疾病について、脳血管疾患では脳出血、くも膜下出血、脳梗塞および高血圧性脳症に、虚血性心疾患では心筋梗塞、狭心症、心停止および解離性大動脈瘤に限定しています。ただし、過労との因果関係が認められれば労災認定の対象とされています。

 以下では、労災認定の要件や判断基準、労災申請の手続などについて説明します。

[解決実績]

 過労死の労災保険に関する解決実績は「過労死(労災保険)の解決実績」をご覧ください。

[弁護士費用]

 過労死の労災申請事件については、着手金の一部をお支払いいただくことで受任します。詳しくは「過労死労災保険の弁護士費用」をご参照ください。

 まず15分、無料で電話相談を承ります。面談につきましては、60分までの相談料を5,000円(消費税含む)といたします。詳しくは「法律相談をするには」をご覧ください。

労災保険のページ一覧

弁護士による労災事故・過労死の損害賠償のご相談 事故の人身傷害による後遺障害・慰謝料の請求は、つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30 (当日相談可能) JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約