歯科医療事故

歯科医の医療事故(医療過誤)による死亡・後遺障害の損害賠償・慰謝料の請求

 歯髄炎の治療をすることになり、永久歯を抜く必要があると言われ、かかりつけの歯科医に行ったところ、間違えて別の歯を1本抜かれて、余分な治療費がかかることになったという場合、歯科医に医療事故(医療過誤)として損害賠償請求をすることはできるでしょうか。

 抜去すべき歯を誤診して抜歯をした場合は、歯科医に損害賠償責任が認められます。そのほか、▽レントゲン検査などを実施せずに必要性のない抜歯をした、▽歯の状態や抜歯の必要性を説明せずに抜歯を選択させた、▽抜歯をする際に無理な力を入れたことにより下顎骨骨折を生じさせたなどの場合も、歯科医の損害賠償責任を肯定する裁判例があります。

 それでは、どのような損害を賠償請求できるかですが、間違って抜かれた歯自体の治療費がかかればその全部を損害賠償請求することは可能です。

 その他に間違って抜歯されたこと自体への慰謝料を請求することができます。また、抜歯後の歯科医の対応が悪くて精神的な苦痛を受けたということであれば、慰謝料が増額されることもあります。

 時間が経つと資料がなくなりますので、治療の目処が立ったところで損害賠償を請求した方がよいです。訴訟や調停などの法的手続きをとる場合は、お早めにご相談ください。

[弁護士費用]

 詳しくは「法律相談・弁護士費用」をご参照ください。

 初回の面談につきましては、60分までの相談料を5,000円(消費税含む)といたします。詳しくは「法律相談をするには」をご覧ください。

医療事故のページ一覧

弁護士による労災事故・過労死の損害賠償のご相談 事故の人身傷害による後遺障害・慰謝料の請求は、つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30 (当日相談可能) JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約