遊園地・公園での事故

遊園地・公園での事故による人身傷害に関する損害賠償

photo470001 遊園地やテーマパークにおいては、安全確認の欠如や整備不良によるアトラクションの事故が少なからず発生しています。

 公園にある遊具でも、例えば、ブランコや滑り台から転落して頭部を損傷したり骨折したりする、ランドセルが遊具に引っかかり怪我をするといったリスクが至るところに潜んでおり、人身傷害が発生する事故は毎年のように起きています。

 施設での人身傷害の発生には、人的要因と物的要因との二つが考えられます。

 人的要因は、遊園地や公園などの施設管理者がアトラクションに危険がないように利用者に注意を喚起したり、事故が起こらないよう見張っていたりすることが徹底されていないことです。
 一方、物的要因については、遊具などの設備に欠陥があったり、管理者が定期的にメンテナンス安全検査を実施することを怠ったりしていたことです。

 遊園地・公園での事故は様々な場面で発生しているにも関わらず、事故防止の対策が十分であるとはいえません。特に遊園地などの商業施設ではない公園での事故では、そもそも遊具の管理が細かく行われていないことに加え、事故の原因が被害者本人にあると考えられがちで、本来問われるべき、施設管理者への損害賠償責任の追及がなされていないケースが存在します。

 遊園地や公園において人身傷害が発生した場合には、事故状況や事故の要因によって、施設管理者に対して損害賠償責任を問える可能性があります。事故の原因追及をすることは、その後の事故防止につながるという観点からも重要です。それにもかかわらず、誰に相談してよいかが分からない、施設管理者の過失を追及できるのかが分からないといった理由から、本来請求できる損害賠償を請求していないケースがあると思われます。

 弁護士佐久間大輔は、遊園地・公園などの施設での事故による人身傷害の損害賠償に関する相談を承っております。弁護士に相談すると、トラブル解決までの道筋を立てることができますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

[弁護士費用]

 施設での事故に関する損害賠償請求事件については、着手金の一部をお支払いいただくことで受任します。

 施設事故の損害賠償請求事件に関する弁護士費用については、過労死の損害賠償請求事件と同様に算定しますので、「過労死損害賠償の弁護士費用」をご参照ください。

 まず15分、無料で電話相談を承ります。初回の面談につきましては、60分までの相談料を5,000円(消費税含む)といたします。詳しくは「法律相談をするには」をご覧ください。

弁護士による労災事故・過労死の損害賠償のご相談 事故の人身傷害による後遺障害・慰謝料の請求は、つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30 (当日相談可能) JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約