スポーツ事故

スポーツ事故による人身傷害に関する損害賠償

photo (2)0001 柔道やラグビーといった怪我の多いスポーツだけでなく、プールのスタート台から飛び込んで怪我をするなど、スポーツ中の事故が多発しています。

 社会人であっても、相手方や施設管理者の不注意や施設・設備の欠陥があれば、損害賠償請求をすることができます。

また、ご本人やご家族がスポーツ事故により被害を被ったとき、真実を知りたいという心理があると思います。特に、死亡事案においては、なぜスポーツ事故が発生し、被害者が亡くなったのかを知りたいというご依頼者様が多くいらっしゃいます。

 ”真実を知りたい”というご依頼者様のために、色々な方法を駆使し証拠を収集して、「事実」を解明するために粘り強く丹念に調査しています。

 ご依頼者様の中には、慣れない場所や状況で、なかなか思うように話せない方もいらっしゃいますが、そのような場面ではリードしながら、聞くべきところはじっくりと丁寧に聞いていくことを心がけています。

 弁護士佐久間大輔は、20年以上の弁護士経験で得た知識とノウハウを活かし、最適な対処方針をお示しするとともに、より良い解決へと導きます。スポーツ事故の損害賠償請求に関する問題でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

[解決実績]

スポーツ事故の損害賠償請求事件に関する解決実績は「スポーツ事故の解決実績」をご覧ください。

[弁護士費用]

 スポーツ事故の損害賠償請求事件については、着手金の一部をお支払いいただくことで受任します。

 スポーツ事故の損害賠償請求事件に関する弁護士費用については、過労死の損害賠償請求事件と同様に算定しますので、「過労死損害賠償の弁護士費用」をご参照ください。

 まず15分、無料で電話相談を承ります。初回の面談につきましては、60分までの相談料を5,000円(消費税含む)といたします。詳しくは「法律相談をするには」をご覧ください。

弁護士による労災事故・過労死の損害賠償のご相談 事故の人身傷害による後遺障害・慰謝料の請求は、つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30 (当日相談可能) JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約