離婚後の氏の変更

 結婚して夫の氏である「鈴木」になったけれど、離婚し、戸籍上は独身時の氏である「田中」に戻ったものの、離婚後も職場などで広く「鈴木」を使ってきたので、戸籍を「鈴木」に氏の変更をしたいという相談があります。

 原則として、離婚をすると結婚前の氏(旧姓)に戻ります。

 しかし、離婚による氏の変更が支障になり、不便であるということがあるので、離婚時の氏の変更については、離婚届を出した日から3か月以内に市町村長に届け出をすることで婚姻中の氏を使いつづけることができます。

 離婚したのが1年前であると、この特別な規定はもう適用できません。通常、氏の変更をするときの手続きが必要となります。しかし、氏は名とともに人の同一姓を表す称号です。軽々しく変更されるべきではなく、「やむを得ない事由」が必要になります。

 「やむを得ない事由」とは、戸籍上の氏を使うことによって、社会生活を送るうえで著しい支障が生じ、その事情が社会的にみても相当と認められることをいいます。

 例えば、①通姓を長い間使用してきたため、戸籍上の氏では誰のことかが識別できない、②珍奇と判断される氏である、③難解な氏である、などです。婚姻時の氏に変更したいというのは、①に当たるかどうかが問題になるケースです。

 家庭裁判所に氏の変更の許可を求める審判を申し立て、認められれば変更できます。

 その際、会社の名刺や年賀状など、職場や付き合い、すべてにおいて離婚後も「鈴木」の氏を使っている証拠を示し、主張してください。

 働いていて家庭裁判所に氏の変更の許可申立てをする時間がない、どのように申立てをしたらよいかが分からないという場合は、弁護士にご相談ください。

 

離婚に関するその他Q&A

弁護士による労災事故・過労死の損害賠償のご相談 事故の人身傷害による後遺障害・慰謝料の請求は、つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30 (当日相談可能) JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約